鹿児島市中央卸売市場 青果食品協同組合

江口商店「まずはお客様に『感謝!』、そして市場で働く若い人々への『感謝!』の気持ちを生涯忘れず、命ある限り成果市場に通いたい!」

くだものの店カコイ

「私は1日2回市場に通うんですよ!」
 ご主人に先立たれてから四半世紀、女手一つで仕入れと納め物、小売りまでこなす店主の江口純子さんは小さな身体だが、半世紀近く青果業に携わりながら、「本当に風邪以外は病気一つしたことがないのよ!」と笑う。

納め先の病院の患者さんからプレゼントされたミッキーを抱く店主江口さん 朝は4時半に起床し、当日の納め物の納品書など書類を準備することから一日が始まる。5時半ころ東開町の市場目がけて車で出発。朝7時からの市場の競りに参加し、仕入れを終えたあと原良町の自宅へ戻り、納め物の仕分けを終え、病院などへの納品に向かう。

 朝の納品を終えて下伊敷の店に着くのが9時頃。店を開けた後、学校などに納めるバナナを一本一本、切り離す下作業を終え、学校などへの納め物を済ませ、再び中央卸売市場に出向き、組合の事務所で代払いの清算をし、午後早い時間に店に舞い戻って小売りや納め物の注文を受ける毎日。

夜は9時頃まで商い、自宅に帰って寝るのが夜中の12時ころとのこと。

睡眠不足を補う仮眠は一体どこで取るのかと問えば、「お店に座ったまま、寝てることが多いですね。馴染みのお客さんが買物に来て起こしてくれますよ!」と笑う店主の純子さん。

年中休みなしで、日曜日も病院への納めなどで半ドンのことが多いとか。かなりなハードワークでも病気一つしないというから筆者も驚かされる。

「25年くらい前、夫が働き盛りのころクモ膜下で倒れたあと、途方に暮れましたが、組合の方々に手を差し伸べていただき、何とか女手一つでやってこられました。納め物先のお客様も私を見放さずご注文を継続していただき、市場では青年部の組合員さんほか皆さんに何かとお世話いただき、本当に感謝、感謝の毎日でやってきました!」と店主純子さんは語る。

江口商店店頭風景

ご主人が52歳のとき病気で倒れ、他界されたときの模様を語る純子さん、曰く「ほんとに不思議なことがおきたんですよ。クモ膜下で倒れ意識不明だった夫が1回だけパッと目を覚まし、看病してくれていた私の父に何事もなかったようにしゃべり始めました。

私も、組合の皆さんのおかげで仕入れていただいた野菜などに、値付けの方法が全く分からず途方に暮れていましたから、そのとき一品一品、仕入れ原価への掛け率を全部夫に教わったのです。全て聞き終えたあと、夫は再び意識がなくなり、1週間後そのまま帰らぬ人になってしまいました・・・・」。

そのときご主人が伝えてくれた様々な青果物への掛け率は、今もほとんど変わらず日々の商いを支えてくれていると、店主純子さんは語る。

「昭和30年前後のころ、結婚前から仲買店(松下商店)の奥さんの弟として青果業に携わってきた夫は、死ぬ間際まで『市場に行く! 市場に行く!』と言い続けるくらいの人で、中央卸売市場内でも荷受会社の方々などとの付き合いもいい方だったようです」とのこと。

現在の売上構成は、学校や病院などへの納め物が8~9割、地元の馴染みの固定客への小売りが1~2割程度。

ご主人の遺志を継ぎ、「お客様を大事にし、いい品物をなるべく安く提供したい! 命ある限りお客様との会話や心が通じるコミュニケーションを大切にしたい!」と語る店主純子さんの青果業人生は、健康な心身を保つ生きがいそのものとなっているようだ。

生涯現役!の江口純子さん

組合の女性達の声を耳にする先輩として純子さん、曰く「老若男女、ともにいっしょにやっていけるのが市場! そんな市場の雰囲気作り、組合の空気をつくっていただいている南理事長さんや北野副理事長や理事の方々には本当に感謝しています。南理事長の時代を見通す分かりやすい話や変化にチャレンジされる姿は、年配の私どもだけではなく、若い青年部の方々にも、大きな元気の素になっていると思います!」。

店主純子さんの元気と健康の源は、組合の若い人々の元気とパワーを毎朝いただけることと、友人らと楽しむ「カラオケ」と自らの運転で連れ立って行く「温泉巡り」とのこと。

本当に「生涯現役!」を貫いていただきたい女性組合員のお一人です!

▲このページのトップへ