鹿児島市中央卸売市場 青果食品協同組合

南商店 特徴や個性の色がぷんぷんするお店を作って、仲間とともに天文館地区の街興しに再挑戦!

南商店

スーパードリームアンドドリーム天文館の山形屋近く、いずろ通り交差点から、納屋通り込んだ金生町に、朝9時開店から夜の7時半閉店まで、買物客で賑わう生鮮食品スーパー「かごしま 産直市場」。

「かごしま 産直市場」が掲げる「鮮度!」を求めて、大方30歳くらいから70歳くらいまでの主婦層の来店客がほとんど途切れることなく店内に訪れ、グリーン系統のユニフォームを着た10名前後の店員さんが、丁寧に接客を努めながら、新鮮な野菜や果物の補充で忙しく移動。

城山ストアーから独立し、平成11年11月に、新会社、株式会社スーパードリームアンドドリームを設立した池畠正社長は、青果物中心の生鮮食品スーパー「かごしま 産直市場」を経営。最初の出店先・川辺店を、競合の進出により撤退後、出店立地をリサーチしながら店舗数拡大を進め、現在は4店舗を経営中。

スーパードリームアンドドリーム城山ストアー時代から、売買参加者として中央卸売市場で活躍してきた池畠社長が語る会社のモットーは、「鹿児島の新鮮な野菜や果物を、なるべく安く提供!」すること。

青果物の仕入は、中央卸売市場を中心に、川辺・桜島・霧島など産直の青果物や道の駅の青果物も取り扱い中。青果物の中では、野菜が6割、果物が4割の売上を占めるとのこと。

店内にある野菜は全品国内産を扱い、特に鹿児島産品を全面に押し出し、「かごしま 産直市場」のブランドを維持するための「鮮度の良さ!」には全力を注いでいる模様。

「『商品の回転率の速さ!』と『鮮度の良さ!』は比例する」と語る池畠社長は、仕入れたこだわりの商品にあまり利益を乗せない形で、比較的安めの価格付けをしながら、商品の回転力を高めつつ、常に鮮度を確保し、選りすぐった青果物の商品力を高める戦略に日々挑んでいるとのこと。

スーパードリームアンドドリームまた、特にこだわっているのが、「お客様への丁寧なサービス」で、店員さんも丁寧な接客と商品知識を駆使しながらの料理法の話題など、元気な会話が弾む。

昨今、天文館地区の活気についてのマイナーな話題が多い中、やはりこだわり商品やギフト商品を安く求める買物目当てのお客様の流れの中に、往年の天文館地区の勢いを感じさせる「かごしま 産直市場」の賑わいは、選りすぐりのこだわり青果物や食品を丁寧に陳列し、鮮度のパワーを保ちながら、比較的に安く提供するコンセプトがヒットしているようです。

池畠社長に、最近青果食品協同組合に参加した理由を問えば、「やはり組合に情報が集中することや、青年部などが催すセミナーや研修などが魅力」とのこと。

今後さらに「かごしま 産直市場」が、天文館地区の再活性化の集客エンジンになれるかどうか、注目したいものです。

▲このページのトップへ