鹿児島市中央卸売市場 青果食品協同組合

  • 北部伊敷地区
  • 東部鹿児島駅 桜島地区
  • 中央部天文館地区
  • 中央部城南地区
  • 中央部鹿児島中央駅地区
  • 中央部荒田地区
  • 南部谷山地区
  • 鹿児島市外地区

(有)岩 本 青 果

記章番号:188

代表:岩本 智弘

〒891-0311

指宿市西方1715-1お店の地図

TEL:0993-23-2096

FAX:0993-23-2097

岩本青果

祖父から3代続く老舗。20年前に現地・指宿市西方に移転するまでは、指宿駅前の湊1丁目で営業していたが、現在駅前店は妹さんが経営する「よしぱん」(パン&ケーキ)を営業中。代々続く青果物の卸商として、ホテル・旅館・学校・病院などの納め物や卸業務が大半を占め、ほかに冠婚葬祭の盛り籠や県外発送の箱売りなどが主な業務。指宿の特産野菜のオクラやソラマメなどの豊富な旬の地元野菜の販売にこだわり、指宿の地方市場からの仕入れが大半。鹿児島市中央卸売市場には、特A級の高級品の仕入れ先として通い、継続的な納め先などのニーズに対応。野菜産地での青果店としてのこだわりは、「鮮度抜群の、採れ立て青果物の即日完売!」。毎朝3時半に起き、元旦以外年中無休。鹿児島市から少し距離はあっても、組合青年部の若手として懇親会などへの意欲的な参加を心掛けているとのこと。

(株)うしじまストアー

記章番号:7

代表:諸隈 由桂子

〒891-3115

西之表市天神町3番地12お店の地図

TEL:0997-23-4164

FAX:0997-23-1079

うしじまストアー

牛嶋前社長が種子島で商売の世界に入ったのが結婚直後の27歳の頃。実家は終戦直後から、西之表の東町一帯で青果業など、手広く商っていたが、自らは商売そのものに恥ずかしさすら感じていたとのこと。父親の紹介で社交的な奥様に出会って、心機一転!奥様は、幼いころから、大根占の漁業組合長である父親のもとで小魚売り、キャンデー売り、カキ氷屋など、大人を起用して次々と日銭を稼げる商いを開拓する商才の塊みたいな少女として辣腕を揮ってきたとのこと。結婚当時、奥様が手がけていた食肉から商いを始め、魚も手がけながら、スーパーを10年間経営。現地に移った後、「万有の因己に有り、他を咎めんとするその心を咎めよ。自らが変わらないと人を変えることは出来ない」とするバリューグループ及び同経会にも参加。スーパーレディの内助の功も幸いし、協同組合西之表ショッピングセンター・サンシードの代表理事兼牛嶋ストアー社長として種子島のスーパー版「川中島の戦い」の長期戦に備えた。「いい品を安く、いい暮らし!利便性の付加価値の追求と、お得で気分よく満足できるサービスの提供!」をテーマに掲げ、社員を皆社長に育てる意気込みで陣頭指揮!

(有)尾 辻 商 店

記章番号:46

代表:尾辻 清

〒897-0006

南さつま市加世田本町40-14お店の地図

TEL:0993-52-2469

FAX:0993-52-2469

尾辻商店

南さつま市干河(ひご)生まれの父親が、終戦時空襲下の大阪で営んでいた背広の仕立て屋をたたみ、縁あって昭和21年、加世田の現地に転居。月賦販売が当たり前の仕立て業を支えるために、野菜や生菓子などよろずの商いを兼業。昭和22年、住吉町の仲買店に少ない資金を携えて飛び込み、当時は珍しいリンゴや果物を仕入れ、本格的に青果・食料品店業がスタート。鹿児島市中央卸売市場からの仕入のほか、きれいな砂浜で獲れる天然物のアサリや蜆、たけのこなどの食材が豊富な近隣の地方市場などからも仕入れてきたが、2010年の夏で地元加世田市場も閉鎖される模様。昭和39年東京オリンピックの年に大阪で働いていた現社長があとを継ぎ、毎朝3時過ぎに起き、全体の7割を占める納め用の青果物を中央卸売市場から仕入れる。日常小売用の青果物は主に地元加世田の市場で仕入れる。元旦のみ休みのお店のモットーは、「店はお客様の為に有る」こと。また、地元の子供たちの元気のもととなる青果物を多く摂る食育的なアドバイスや、民生委員も務める奥様とお客様との明るいコミュニケーションが、お店の元気のシンボルとのこと。

(有)川 上 商 店

記章番号:141

代表:川上 琢磨

〒899-4332

霧島市国分中央4丁目2-32お店の地図

TEL:090-3739-6328

川上商店


北 山 青 果

記章番号:21

代表:北山 清文

〒899-2502

日置市伊集院町徳重213-1お店の地図

TEL:099-273-1285

FAX:099-273-1285

北山青果

伊集院で創業してから27年間、4回ほど移転後、現在の店を開店。競り権を取得してから、ちょうど4半世紀。国道3号線沿いで小売専門の青果店を2年間経営後、15年くらい前から卸・納め専門店として、伊集院の学校・病院施設・飲食店などに新鮮な青果物を納入。朝6時過ぎに伊集院を出発し、鹿児島市中央卸売市場で競りに参加し、朝10時半ころから午後3時までの納仕事を終え、夕方6時に閉店。盛り籠や小売も地元のお客様のために小さく商う。日曜日は休業で、売上構成は、野菜7割、果物3割とのこと。「クライアントさんに、新鮮なものをお届けする」のをモットーとし、特に店主は「スイカや果物」の目利きの競り人として活躍中。

(有)スーパーオーキ

記章番号:248

代表:大木 伸弘

〒897-1201

南さつま市大浦町1923お店の地図

TEL:0993-62-3730

FAX:0993-62-3730

スーパーオーキ

中央卸売市場や南薩の地方市場に行けない地元小売店のために、卸専業をしていた現社長が、昭和60年に現スーパーを創業。競り権を取得したのは、それ以前の昭和50年代のなかばころで、地元にスーパー形式の店が極端に少ないことに着眼。特に野菜など青果物と鮮魚の両方の生鮮食品の直接仕入れを生かし、安くて新鮮な食材を提供することに挑戦中。加えて、子息が保冷設備付移動販売車で、一日おきに鮮魚や青果物などの販売を始めて、20年近くが経過。移動販売車を待っておられるお客様の9割が高齢者。お店のこだわりは、「歩いて来られるお客様は、健康のためにもスーパーに立ち寄っていただき、無理な方は移動販売車を遠慮なく呼んでください!」とのこと。

(株)大 和

記章番号:408

代表:藤井 廣明

〒895-0052

薩摩川内市神田町10-12お店の地図

TEL:0996-27-1100

FAX:0996-22-4663

大和

 

(株)東郷スーパーマーケット

記章番号:250

代表:北野 まきよ

〒895-1106

薩摩川内市東郷町斧渕88番地お店の地図

TEL:0996-42-1123

FAX:0996-42-1199

東郷スーパーマーケット

創業は昭和60年。当初は関西スーパーの指導で6ヶ月間研修を受けながら、15年間スーパーを営業。その後、バリューグループに加盟し、あわせて四半世紀の間スーパーの営業を展開。バリューグループに加盟直後と比較すると、現在は不景気の波を受け、多少減退気味ながら、青果部門の売上は伸びているとのこと。直営コーナーで販売する青果物は、ほとんど鹿児島市中央卸売市場から仕入れたもの(競り権は、5年くらい前に取得)。テナント店コーナーの青果物は、川内市場から仕入れた地場物の青果物販売が大半。さらに直営コーナーに設けられた生産者コーナーの直販青果物を含め、店内競合にこだわり、各商品をお客様が用途に合わせて買物。店内競合で「賑わいをつくる」コンセプトの成果が上がっている模様。地元貢献としては、25年間250回のゲートボール大会の主催やグランドゴルフを11年間主催し、地元固定客の信頼はますます強固に。

(株)中園久太郎商店

記章番号:503

代表:中園 雅治

〒891-0514

指宿市山川大山860-2お店の地図

TEL: 0993-34-1180

FAX: 0993-27-6015
HP:http://www.tuke-mono.com/

Mail:nakazono@tuke-mono.com

中園久太郎商店

創業は1912(明治45)年で、もうすぐ100周年を迎える老舗。創業者の久太郎氏は福岡県城島の醤油杜氏で、裸一貫で鹿児島に来てから、地元で採れる野菜の漬物を造る傍ら、桜島大根に目を付ける。冬場の一時期しか食せない桜島大根に、発酵技術を応用して、何とか年間を通して食せないものか苦心を重ね、ようやく出来上がったのが『さつま漬』(桜島大根の粕漬)。大正の初めに『さつま漬』を売り出してから社業が大きく発展。鹿児島市中央卸売市場が住吉町にあるころから、貨車で運ばれる中園久太郎商店行きの大きな桜島大根の山々が懐かしい。現在は、漬物野菜の大半が県下の契約栽培農家からの仕入で、桜島大根のみが中央卸売市場からの仕入れとのこと。現在、塩は国内赤穂産を使用中。時代の消費者の好みに合わせて、大根などの品種改良にも農家とともに挑む。こだわりは「100%国内地元南九州産の野菜を使用して、漬物作りに邁進すること」と、中園尚広専務取締役は語る。500年の伝統を誇る『山川漬』も、伝統的な甕つぼに漬けないと本来の味が出せず、悠久の時を生き続ける発酵菌とハーモニーを奏でながら、美味しい漬物が生まれている模様。

フードランドとまり

記章番号:251

代表:泊 純一

〒899-3301

日置市吹上町中原2833お店の地図

TEL:099-296-2151

FAX:099-296-2159

Mail:tomari@apricot.ocn.ne.jp

フードランドとまり

終戦の年に先代が駄菓子やよろずの商品を扱う店を開業。昭和50年、鹿児島市中央卸売市場が住吉町から現東開町に移転する前年に、現社長が家業を継ぐため、名古屋からUターン。以来35年間、中央市場の競りに参加し、学校・病院施設などの学校・病院施設などの納物中心で、アイSHOP伊作店を営業。ほかに「紅さつま」を使用し、都会向けに香をセーブした、プライベートブランドの長期熟成高級本格焼酎「紅潤」を地元の酒造にオリジナル生産委託し、販売中。「紅潤」とは「紅さつまで作られた高級本格焼酎の『だいやめ=疲れ取り』で、人生に潤いを!」の意味とか。京都・大阪・名古屋・東京などの高級料亭や財界人に根強い人気のある高級本格焼酎。現在、組合の理事として活躍。

フルーツショップ末重

記章番号:207

代表:末重 久秋

〒899-6404

霧島市溝辺町麓283-15お店の地図

TEL:0995-58-3908

FAX:0995-58-3908

フルーツショップ末重

鹿児島空港近くで2店舗(本店及び物産館店)を経営。創業31年目に入った今も、正月1日の休みのみで、「いい品物を、安く提供したい」とほぼ年中無休営業。売上構成は、小売5割、業務卸用の納め(国分市場への卸を含む)3割、観光客へのの県外発送が2割。果物中心で、特に、空港近くにはゴルフ場が多く、ゴルフ帰りの観光客からの、ポンカン、タンカン、種子島産安納芋などの県外への発送依頼が多いとか。地元溝辺の季節のイチゴ、ブドウなどの販売にも力を入れている模様。福岡便などが細り、鹿児島空港の利用客減などの対策として、インターネットの活用なども若い後継者たちが思案中。

堀 之 内 青 果(有)

記章番号:109

代表:堀之内 政博

〒893-2301

肝属郡錦江町神川3440お店の地図

TEL:0994-22-0371

FAX:0994-22-0566

堀之内青果

 

本 坊 青 果

記章番号:52

代表:本坊 満郎

〒899-3611

南さつま市加世田津貫7460お店の地図

TEL:090-9588-6823


本坊青果

 

(株)マ キ オ

記章番号:555

代表:牧尾 英二

〒899-1611

阿久根市赤瀬川2210お店の地図

TEL:0996-72-2500

FAX:0996-72-2501

マキオ

 

(株)町 頭 商 店

記章番号:129

代表:町頭 潤一

〒898-0001

枕崎市松之尾町20お店の地図

TEL:0993-72-1251

FAX:0993-72-1251

町頭商店

 

ま る し ん フ ル ー ツ

記章番号:108

代表:新保 操

〒899-3302

日置市吹上町中之里2149お店の地図

TEL:099-296-2048

FAX:099-296-5071

まるしんフルーツ

最初は谷山で食品を扱い、地方に車で卸す仕事で売掛金に苦労し、利益率は小売も卸も同じことに気づき、小売専業に特化。現地・吹上町に移転し、20年間年中無休営業を続ける、創業36年の老舗。客筋も日々のリピーターよりも、観光客や遠方の日置・吹上・金峰・加世田・川辺など郊外からの、車でのお客様が主で、ロードサイドの特殊な店構えや車対応の陳列法がユニーク。店舗の幅がかなり長く、一皿1000円単位の青果物など、中速で運転する車から店を発見し、車を停め、数日分の買い置きができる量の品揃えに努める。小分けの流れの中で、あえて大きなパックで、商品のインパクトを工夫し、お得に提供。「味」にこだわり、試食を勧め、お客様の心を掴む。

豊 出 荷 組 合

記章番号:3

代表:豊留 昭秀

〒891-0401

指宿市大牟礼1-19-10お店の地図

TEL:090-1920-4127

FAX:0993-24-4127

豊出荷組合

 

▲このページのトップへ